『end sleep』2013年2月28日発売予定。

 ひつじが地味に応援しているLilac Softの最新作『end sleep』の応援バナーがやっと出来たので貼りにきました。




直リンしてくれとのことでしたが、サイズが記事枠に収まらなかったのでちょっと縮小かけてます。






 山奥の屋敷に集められた、7人の男女。
 彼(彼女)らは「与えられた役柄を演じる」という不思議なアルバイトのもと集められた。

 兄、メイド、婚約者・・・それぞれの役を演じる中で、一人の少女が死ぬ・・・ 


といういわゆる「館系」のお話らしいです。

スロットもお馬さんも出てこないと思います、たぶん笑゛

2013年2月28日発売ということで、年明けには体験版期待できますかね。

続報マツ。

『恋色マリアージュ』体験版

 (2012/10/08 1:17 追記)
『恋色マリアージュ』の体験版終わったので。



 『恋色マリアージュ』
 製作はま〜まれぇど
 2012年10月26日発売予定。
 あらすじは公式よろ
 

こち亀だと軍歌とかが強かった。たしか。

 Giza10から10月5日(金)に発売される予定の最新作『Project U-Ta-Hi-Me』のPVが公開されました。



プレイヤー自身のパソコン内にある楽曲を使用し、これに同調して出現する「スペクトラムアナライザ」を破壊していく(音楽シューティング)ゲーム。

難易度は高くないと公言されていますし、シューティングを楽しむというよりも音楽を楽しむついでにゲームするみたいな感じでしょう。

出現する「スペアナ」にどの程度の多様性があるか不明ですが、曲によって独自のボスなんかが出現することが可能になれば、モンスターファームみたいなおもしろさはできるかもしれません。あんま期待してません←

PCダウンロードでの販売のみということで、980円税込みとリーズナブル。
もしハズレでも、1000円以下ならまぁいっかぁで済みそう・・・という考えに甘えて適当なつくりになっていないことを願っています;

あと、必須スペックのビデオカード仕様がシロートにはわかりにくいので、体験版かベンチマークが欲しいところ。




ちなみにひつじはメモリが足りないので買いませんΣ(゜◇゜;)

『Remember11 -the age of infinity-』

 やっとこさ終わったので報告〜。


『Remember11 -the age of infinity-』
製作は‘KID’ (ただし、現在はサイバーフロント
2004年3月発売。『Ever17』に続く、「infinityシリーズ」第3弾。

『SNOW P・E 』

 夏でも冬ゲー。それがはじじゅうクオリティ。


 『SNOW 〜Plus Edition〜 』
 製作は‘Studio Mebius
 2006年9月発売。
 2003年1月に『SNOW』が、同年9月にDC版、翌04年2月にシナリオを追加しPS2版、04年9月にPCフルボイス版が発売。その後、更なるシナリオ追加をした逆移植版が『SNOW P・E』として06年9月に発売されるにいたる。また、以上の経緯とは別件にて、「延期四天王」としてその名をエロゲ史に刻んでもいる。

『永遠のアセリア』

 夏の高校野球地区予選がひつじの地元でも始まりました。


 『永遠のアセリア』
 製作は‘ザウス【本醸造】’ (※ただし現在は名称を‘ザウス’に統一)
 2003年11月に『永遠のアセリア -The Spirit of Eternity Sword-』が18禁PCゲームとして発売される。その後、追加シナリオやPS2への移植、スピンオフ、続編など広い展開を見せ、2012年3月に『永遠のアセリア −この大地の果てで−』としてPSPプラットホームで発売された。

 ひつじはPC版、EXPANSIONとプレイ後、かなり年月をあけてPSP版をプレイしました。
PSP版をプレイしたのは最近といえど、かなり思い出補正が入ってしまうことは疑いないので、本作品のレビューに関しては採点不可とさせていただきます。
だから、レビューっていうよりも感想です。ほとんど。

『Dolphin Divers』

 夏には夏ゲー。ひつじにはAXLゲー。


 『Dolphin Divers』
 製作は‘AXL
 2012年6月発売。
 シナリオは『Princess Frontier』『かしましコミュニケーション』などの北側寒囲。


『大神』終わったよー。

 『大神』プレイし終わりました。

プレイ日数は110日、プレイ時間は70時間ちょいでした。



走って駆けて、飛んで跳ねて、倒して描いて描き倒すアドベンチャー。


13の筆神を駆使して、妖怪を倒したり枯れ木に花を咲かしたり。

とてもおもしろかったですし、それ以上に製作のアイデアの豊富さに驚かされます。

得てして、手垢のついた仕掛けばかりになりがちなアクションシーンで、

独特なアイデアがこれでもかというほどに満載し放題。

このゲーム作るのにアイデア使い果たしてやいないかと心配にさせられるほど(・ω・;


敵(妖怪)の倒し方も、力技だけで倒せるのは序盤のみで中盤以降は、いろいろと頭を

使ったり工夫して簡単に倒せるようになったりするのでおもしろかったです。


また、やりこみ度も結構深いのでじっくり長く楽しめます。

ふと思い出したらアマテラスのとぼけ顔が見たくなって、ついついプレイしてしまうこと
間違いなし笑゛


ストーリーはだらっとなし崩し的に続いていく風ですが、最後の締め方の綺麗さには

驚嘆。
プレイ後の爽快感が気持ち良い!


やらなきゃ損なゲーム、とゆー切迫感のあるオススメじゃなくて、

なんとなくこう・・・

作りきったったゲームの爽快さに触れてもらいたい

オススメなゲームです。



それにしても「霧隠」のチートっぷりは半端なかったなぁ・・・笑;



 ◆◇明後日から◇◆

つくばへ行ってきま。

3週間ほどです。

とりあえず次回更新日は移動日にあたるのでお休みにするとしまして、

それ以降なのですが。

宿泊所のネット環境とかがいまいちよくわからんので、予定は未定という

ことにしまする。

まぁ、ネット繫がってなかったらなかったで、携帯使ってちまちましたいですが。

『おしえて☆エッチなレシピ』Hシーン先行体験版

 『ピンク(えっち)で可愛く』がテーマの「ひよこソフト桃組」より5月25日に発売される
『おしえて☆エッチなレシピ ―アナタとワタシのあま〜いせいかつ!―』Hシーン先行
体験版が公開されました。



ひつじ的イチオシ作品のひとつ『サクラの空と、君のコト』を製作したメーカーの
エッチ度500%アップ↑↑で色々楽しめる新作ということで楽しみにしています。

体験版も、まずはHシーンを優先座席に座らせる配慮っぷり。
ストーリーどこ行った笑゛


▲憂「私の処女、もらってください・・・・・・っ」


▲相変わらず立ち絵も綺麗です。制服変だけど。

体験版のなかでは、七里さんのエロさ、リンネの舌づかい言葉遣いがお気に入り。

お話がほとんどわからないので、期待度は出せません。
ですが、相変わらずBGMの良さは鉄板なので、このためだけにも一度
体験版をされてみるのもいいかもです。




『オレは少女漫画家』

 PSPはギャルゲをやるために買いました。


 『オレは少女漫画家』
 製作は‘Giza10
 2012年2月発売。
 May-Be SOFTのコンシューマブランドGiza10デビュー作。
続きを読む >>


profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

archives

recent comment

  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    ひつじ
  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    第三部長
  • 忌み子ヒュレイト
    bose wireless speaker
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    ひつじ
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    まれびと
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    ひつじ
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    第三部長
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ

search this site.

others