『タユタマ2 -you're the only one-』体験版

実に2年ぶり以上となる体験版感想です。



『タユタマ2 -you're the only one-』
制作は Lump of Sugar
2016年9月23日までに発売予定(前倒しの可能性あり)。
あらすじは公式よろ

 

『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)

この記事はネタバレ感想です。
ネタバレなしのレビューはこちら。

ついでに、『恋楯(無印)』のネタバレも含んでおりますのでご注意ください。



 

『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』

(2016/03/07 23:29 追記) 感想(ネタバレあり)へのリンクを追加しました。

土日のうちに書き上げるつもりだったのですが、大人の事情により少し出遅れました;



『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』
製作は‘AXL
2016年2月発売。
AXL第12作目にして、ブランド10周年企画のひとつ。
2007年発売『恋する乙女と守護の楯』の続編。

◆ネタバレありの感想はこちらから。
 

『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』デモムービー到着!

AXL 12th Product
『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』

デモムービー公開ですっ!!



これは高まりますっ!!
発売まで、これを1日100回ほど視聴していこうと思います。
3度の飯より恋楯です。

同時にcvも公開されていますが、やはり松田理沙さんは入っていないですね……
残念ですが、キャラを設子と比べてしまうこともなくなるので、ある意味良かったかもしれません;

発売まで40日ほどとなりましたが、今回はラジオはどうするんでしょうね。
あわせて楽しみです。


はじめてのじゅういさんは、『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』を応援しています。
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜」 2016年1月29日発売予定!
 

『あやかしコントラクト』

 YATT書きました;『あやコン』レビューです;

to OHP
『あやかしコントラクト』
製作は‘AXL
2015年5月発売。
AXL第11作目。


 

あやコン着弾のおしらせ

AXL 11th Product

『あやかしコントラクト』




着弾しました。

開封はまだできない。

6月中には終わらせたい、、、という希望。。。
 

第2回レビュアーエロゲランキング結果発表後に

第2回レビュアーエロゲランキング(稀神大社さん)の結果が発表されました。



ランキング結果や、ポイント制の弊害(笑)、各作品への投票者コメントなどは
特設ページで確認いただけます。

今回、ひつじは
1.『加奈〜いもうと〜』 3pt
2.『燐月』 2pt
3.『Re:Seven』 1pt

で投票しました。

見事に、誰ともかぶりませんでした(笑゛
『加奈』はかぶるだろうなーと思っていたのですが;

さて、今回投票したもののうち、『加奈』以外の2作品は
第1回ランキングで投票したものとは違う作品を選ばせてもらいました。

これは決して、前の2作品を嫌いになったというわけではありません。

ただ、少しゲームに対する考え方が変わってきたせいかな、と自分では思っています。



今回の3作品はどれも、台詞やシーンのいくつかが心に残って生きている作品です。


『加奈』であれば

「願わくば、明日のわたしが、今日のわたしより
 優れた人間でありますように」(藤堂加奈)




『燐月』は

「必ずどちらかが、犠牲になっているはずです。
 そして、そんな関係で、心が通じ合えるはずがない」(緋月正和)




『Re:Seven』は

「仕事の8割は、足の引っ張り合い」(刑部尚也)




3つともに、今のひつじの日常に息づいています。


今までたくさんギャルゲをしてきました。

ですが、「〇〇ってどんなゲームだった?どんな話だった?」と聞かれると、
ほとんどの作品が答えられません。恥ずかしながら。

もちろんあらすじぐらいは言えるのですが、ヒロインの各ルートやエンディングまで掘り下げて話せるのはホント一握りの作品だけです。
それはAXL作品を含めても、です。Σ(゜□゜)

そんな中で、一部でも一人のキャラでも、たとえワンシーンであっても、記憶に残っているものがあるというのは、それだけ心の中の何かに引っ掛かることができたということだと思います。

そんな「何か」に引っ掛かって離れない、今も生きているゲームを今回は選びました。

そして、これからも、そんなゲームや本やアニメとの出会いを大切にしたいなと思っています。



ちなみに、第1回の投票結果はこちら↓




最後になりましたが、4年前に引き続き、企画をしてくれて、しかもニコ生で朝までぶっとおし6時間放送してくれたまれびとさん、本当にお疲れ様でした。

次回もよろしくお願いします(笑゛

 

AXL新作オフィシャルサイト公開

ちょっと、そこのプロデューサーさん、提督さん、

AXL最新作の情報が公開されていますよ!



タイトルは未公開ですが、5月29日発売ということで、今から裸正座しながらよだれを垂れ流す毎日が続くというわけですね、わかります。

前作『レーシャル・マージ』がシナリオ・北側さんだったので、今作は長谷川さんのターンなのでしょう。
テンプレを貫くAXL的に。

なので、確率的には日本語タイトルになる可能性の方が高いでしょうか。
気になりますね、楽しみです。


それはそうと、なんか今回ちょっとキャラデザにインパクトがない気が……
たぶんメインヒロインはセンター張ってる子だろうとは思うのですが……
うーん、なんとも;
『百花繚乱エリクシル』をピークにちょっと弱体化してるような。

まぁ、そんななかで、ちょっと気になったのが↓


霧生碧(きりゅうみどり)
主人公のクラスメイトでクラス委員長。


・・・あれ?
この表情って・・・




この表情って、もしかして・・・!?!?


この表情が似合う声優さんといえば、もしや!?!?!?!?



いやー、期待が膨らみますなぁ♪
 

『加奈〜いもうと〜』

やっと書けます。
ひつじのエロゲ人生の原点ともいえる作品です。


『加奈〜いもうと〜』
制作は‘ディーオー’(1999年6月)
2004年にはボイスとCGを追加した『加奈…おかえり』(Win)が高屋敷開発より発売。
2005年にはXbox版が、パンサーソフトウェアにより開発が行われるが制作中止。
2010年にサイバーフロントよりPSP版としてリメイク発売された。

まだエロゲを始めて間もないころにプレイした作品であり、
妹属性という抗えない性癖をひつじに植え付けた金字塔でもあります。

今回、PSP版をプレイしましたが、あまりに思い入れが強すぎる作品であるため
『永遠のアセリア』に続き、本作も採点不可とさせていただきます。

ですので、以下はレビューというよりも感想に近い内容となっております。

 

『レーシャル・マージ』

〜前回の記事〜 
 >GW中にはレビューあげたいです
 >本当です。

・・・・・・


いったい貴様のGWはいつ終わるんだ、と。



さて、お待たせしました。



 『レーシャル・マージ』
 製作は‘AXL
 2014年4月発売
 AXL第10弾作品
 
続きを読む >>


profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

archives

recent comment

  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    ひつじ
  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    第三部長
  • 忌み子ヒュレイト
    bose wireless speaker
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    ひつじ
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    まれびと
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    ひつじ
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    第三部長
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ

search this site.

others