『G線上の魔王』

 7月に入り、ZENKI☆試験が日本列島に接近して参りました。
折りしも、学校は木金土日と4連休ですので、早速積みゲ消化にかかりました。

・・・アレ?情報の伝達に齟齬が?



『G線上の魔王』
製作は‘あかべえそふとつう

 ザックとバランによるあらすじ。

「かわいいぼうやおいでよおもしろいあそびをしよう」
―`魔王´から1通のメールが届いた。
 園山組組長で養父である浅井権三の子飼いとして違法スレスレのことも行い、ただひたすらに金を稼ぐ京介。彼の少ない楽しみは昼間の学園と趣味のクラシック。しかし、`魔王´と`魔王´を追い続ける転校生・宇佐美ハルの登場がそれすらも彼から奪っていく。
人を騙し、欺き、弱心につけいる・・・一体、`魔王´とは?なぜ、ハルは`魔王´を?そして、`魔王´の狙いは・・・?
考えようとする、が思考がまとまる前に京介の意識はいつも遠のく・・・また、眩暈が・・・

先に、簡単に評価だけ。

 ストーリー(/25) ◎20点
 イラスト(/25) ○18点
 システム(/15) ○10点
 その他(各/7) 長さ7笑い3えろ3燃え6音楽5

 総合 72点


 ストーリー
 第1章〜第5章、最終章へとフェイズしていきます。第1章を除き各章には、プレイヤーが第5章へと進むことを妨害するボス(笑)がいます。

第2章のボス 天然っ子・椿姫(つばき)
 ・・・清貧大家族の長女として、家族の面倒をみながらも決して人を信じる心を捨てない純真な少女を見捨てられるか否か。

第3章のボス 氷上の妖精・花音(かのん)
 ・・・ギャルゲ界最強かつ無比のアルテマウェポン「義妹」を搭載した花音。その表情の翳りは無視しろ!

第4章のボス ツンデレ同級生・水羽(みずは)
 ・・・最大の難所。説明は無粋。超かわいい

 そして、すべての難関を突破できた「勇者」にのみ第5章・宇佐美ハルルートそして、物語の真相(深層)に至ることが許されます。
 いやー、第5章入った時のハルの台詞には爆sh・・・もとい感動しましたよ。





「よく、数々の誘惑を振り切ってわたしを選んでくれましたね」
                                            byハル




wwwwww



軽いロープレをこなした気分になりました。



本題に戻ります。
 えーっと、なんでしたっけ?あ、水羽のかわいさについてでしたね。
それは、もー2章3章の雑魚ボスなんかとは獅子座流星群とミジンコってもんで、そもそ(中略)らこそ、ユキは京介に任せる段階に至るのにもそ(中略)いよ水羽かわいいtktk


 真面目な文章。
 ハルのルート―というか`魔王´ルートというべきか―のみが、突出しているように見えてしまいます。
 もちろん、花音ルートも水羽ルートも良いシナリオです(椿姫はw)が、これらのルートでは完全に`魔王´の存在が消失してしまっています。どんなに良いシナリオであったとしても、それがあまりにも本筋をかけ離れては、言い換えればゲームの主題から逸れてしまっては興もそがれてしまうというものです。
 それでも20点と比較的高得点なのは、花音ルートも水羽ルートも「シナリオそのもの」は良かったからであり、`魔王´ルートというワントップが優秀だったからです。久しぶりにギャルゲで燃えました。かっこよすぎでしょ?京介さん。挿入歌『close your eyes』流れ出したら、涙とまんないっしょ?『マブラヴオルタ』に迫る「燃え」、とはいかないものの、オルタ以来の燃焼を感じさせて頂きました。ゴチです(−人−)

どーでもいーけど、「ハルルート」って言うと、なんか「たるる〜♪」って聞こえてきそう。


 イラスト
 評価しにくかったです。
 可もなく不可もなく、程度。
 至るところに雪をふらすアニメーションを導入していたのは、おもしろかったし綺麗だった。たまに画アレもあったかな。
 以上。

あー、でもあのハルは可愛かったにゃー。


 システム
 ゲーム性について。
 せっかく「ハルvs魔王」というわかりやすい構図が成立しているのだから、ここにもっとゲーム性を追求してもよかったのでは、と思う。たとえば、`魔王´の犯行に対する推理をプレイヤーに迫ってみたり、ハルや主人公の行先選択を作ったりなど。
 発売時期も遅れていたし、ボリュームを気にしたのか、そもそもルート決定以外の選択肢を盛り込む気はなかったのか。シナリオに任せっきりではなく、もう少し、シナリオを利用したゲームにもできたのでは、と思ってしまいます。
 純粋なシステム面では、「背景による立ち絵の色変化ON/OFF」が新しかった。夜の場面では髪や表情も暗くなり、夕陽を受ける場面ではオレンジに。場面の雰囲気が描出される方法として、アリかなーと思わされましたね。


 その他
 総プレイ時間は、20時間くらいでしょうか。
プレイ中は長いな〜、と感じますが終わってみると、もちっと楽しみたかったな〜とも感じます。
そーゆー風に感じられるということは、適度な長さだったということなんでしょう。

 笑い
 まーまー。くすりにやりと笑えましたよ。パロディネタは滑ってる感が否めませんでしたが。
 もともとシリアスなお話ですから、その中で頑張ってたと思います。
 ま、繰り返しですが、やっぱ一番ウケたのはハルのあの一言ですね。

「よく、数々の誘惑を振り切ってわたしを選んでくれましたね」

 マジバロスwww


 えろ
 微妙です。ハルとの2回目や、椿姫との野外なんかは中々エノかったと思います。が、その他は首が斜め45度。
 別に僕は凌辱派ではないですが、もっと嗜虐的なプレイを作出できたのではないかと考えます。権三やユキなど、主人公以外にもエノいシーンに使えそうなキャラが置き去りなのももったいないかと。
 また、しっかり各キャラに異なった体位、フェラシーンが織り込まれてますが、これも首45度。特にフェラは、適当感漂う仕上がり。さらにその中でも水羽のフェ(ry

 萌え・・もとい燃え
 本来は「萌え」ですが、それではこのゲームの良さが損なわれる気がしたので、急遽変更。
 熱いです。ネツいです、このゲーム。
 `魔王´との知的遊戯に終わらず、最後まで緊張を持たせ続けてくれました。京介燃え〜

 音楽
 BGMのほとんどが有名クラシック曲のアレンジ。一貫した雰囲気作りのためにそうしたのだとは思いますが、時たま違和感を感じる時もありました。
ですが、概ね良。「エリーゼのために」があんな風に化けたのは驚きましたw
 また、OP、ED、挿入歌ともに素晴らしいですが、なかでもED『雪の羽 時の風』が秀逸。「EDに何故この曲を・・・?」と一瞬戸惑いましたが、そのあとに続くエピローグ ―というか最終章―を知ると、製作スタッフのハイセンスに嘆息してしまいました。


 総 評
 おもしろかった。やってよかった、と思えるゲーム。
 全体的なアンバランスから、「良作」とはいえませんが、「楽しめる一作」であることに間違いはないです。換言すると、伸びしろを抱えたソフトとも。もちろん、このソフト自体がこれから熟成して成長していくことは不可能ですが、それだけに「あかべぇ」さんの今後の成長を期待させてくれます。







 追伸:ブリ○ニア帝国第11皇子マジ自重。


コメント
俺と結構評価違うな〜。俺的には正直水羽いらないってか、4章自体が微妙って感じなのに。後るーす(これのライター)のゲームは、きのこと一緒で読み物だから、ゲーム性を出すのは無理だろうね。最後に、るーす気に入ったなら、あかべぇを世に知らしめた車輪を薦める
  • 土地
  • 2008/07/06 1:36 AM
>土地

 いやー、社会的(?)にも水羽は評判良くないッスからねー。たぶん、僕は「ユキ×水羽」ってゆー百合な雰囲気に当てられてしまったのかと。(オイ
 シナリオから、きのこ的な気配は僕も感じてました。だからこそ、『月姫』のようなゲーム性の広がりを期待してみたワケで。
 あと、『車輪の〜』ですが、たぶん、先に『魂響』をやることになると思います。
 ま、それも積み順でいえば整理番号5番位ですが。がんばってみますりゅ(`・ω・′)
  • ひつじ
  • 2008/07/06 5:29 PM
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

archives

recent comment

  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    ひつじ
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    第三部長
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひびき
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ユーリー
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    ひつじ
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    呑ま部長@大雪の被災者

search this site.

others