『百花繚乱エリクシル』

 (2013/5/6 17:37 追記) 感想(ネタバレあり)へのリンクを追加しました。

おまたせしました。
AXLは最新作・百花繚乱レビューです。



 『百花繚乱エリクシル』
 製作は‘AXL
 2013年4月発売。
 無難な作品を安定して出すことでよくもわるくも有名なAXL第9弾作品。

 ◆ネタバレありの感想はこちらから。

 

 あらすじ
「巡察使」。
それは皇帝の耳目として地方領主を監督する権限をもつ、帝国の査察官のことである。
とある事情により、辺境の村に赴任(左遷)させられることとなった新米巡察使・ブルームは、
不満を抱きつつも帝国のため、納税の滞るその村を正そうと決意する。
しかし、その村は、民は、あまりにもお金に対して無知で無頓着だった。あまつさえ領主までも。
滞納の理由は、着服ではなく、純粋に村が貧乏だったためと知り、ブルームは立ち上がる。

 「今までの倍、税金が払えるようにしてやる!」

巡察使ブルームと領主、村人総がかりによる一世一代の村おこしが始まろうとしている。


先に、簡単に評価だけ。

 ストーリー(/25) ◎21点 EDのほんわり感
 イラスト(/25) ○17点 また絵が減った
 システム(/15) ◎14点 マウスジェスチャーを搭載
 その他(/各7) 長さ7 エロ5 萌え6 笑い5 音楽6

 総合 81点


 
ストーリー 

シナリオは『恋楯』『愛対』の長谷川藍。
立ち絵のある5人の少女が、イコール攻略ヒロイン5人となっている。
最近のAXLでは非常にめずらしい、、、とゆーか初めてではないでしょうか;

ともかくも、お話について。

村おこしとしてお祭りをするところまでが共通。
どの個別でも、ブルームは結婚ご法度の「巡察使」であることと、ヒロインを好きになっていく「恋心」に悩まされます。
また、引き続き村おこしに関わる案件や、ヒロイン自身の問題などに直面、ブルームは真っ向からぶつかったり仲間に助けられたりして乗り越えます。

簡単に書けば、
村おこし→恋→ED
というだけのことなんですが(笑゛、

非常によかった!!

とくに、マーガレット。
ぶっちぎりで良かった。他のヒロインも良かったですが、彼女のせいで霞みます。
センターヒロインがここまで本気見せたのも久しぶり笑゛
必死で健気で、それでいて領主として生きることに不器用な彼女が、周囲に支えられながら成長していく姿は、メインヒロインに相応しいものでした。
そして、その彼女を骨抜きにしてしまったともいえる中盤のブルームの台詞。(クリックネタバレ注意)
幼馴染のアンがブルームを好きになるのは当然としても、他のヒロインがこぞって惚れるのも納得。
この主人公(ブルームさん)すごくかっこいい///
(ちなみに、彼の上司である、レダマ長官も地味に良い仕事しててかっこいい。)

もちろん、マーガレット以外の√でも、主人公や仲間たちの見せ場が盛り込まれています。
プレイしてて見せ場はまだかまだかとwktkして、予想通りのタイミングでそれが来て、温かいEDに向かって収束していく。
まさに、黄門様の印籠。まさに、AXL。型にはまると強いですw

加えて、EDのほんわり感は、後味の良さに定評のあるAXL作品でも随一。
『姫風呂』のEDが風のような爽やかさであれば、本作は花束を胸に抱いたようなほんわり幸せ感
主人公とヒロインのその後を読むと、あぁプレイしてよかった、幸せになれてよかったって純粋に思ええました。この柔和な気持ちはぜひプレイして味わってもらいたいです。


ま、この国の「結婚」というのはどういう概念なんだとツッコミたいところではありますが;
(ネタバレ飯店)
子どもこしらえて家までかまえて結婚してませんとか、結婚はしてないけどデキちゃった婚約してますとか、言ったもん勝ちじゃねぇですかそれ。まだ、皇帝が結婚認めちゃう√の方が、ご都合とはいえ理解できる件笑゛



イラスト 

 瀬之本久史原画。当然です。
前作『DD』より絵の線が細くなり、軽く垢抜けた印象。
あと、服のシワにも前よりこだわるようになったのでしょうか。やたら下半身の着衣がエロく見えます。(とくにアンとバジル)あの太腿まわりのしわだけでご飯3杯イケそうです。
 背景は相変わらず綺麗。


▲RPGの道具屋さながらの店内背景。射し込む光の使い方などもお家芸。


 それはそうと、イベントCGが少ない

前作『DD』は差分・SD抜きで90枚弱でしたが、本作はさらに少ない80弱。
しかも心なし差分も最近減ってる気が・・・;

減らしてどうするんですか、減らして。

 立ち絵人数減らして、立ち絵の服装変化乏しくして、一枚絵まで削ってたら、原画家なにやってんの?と言われても仕方ないレベルかと・・・

 増やしてください。(切実)


 
システム 

 基本的に優秀。
画面サイズは4:3に設定すると1280:960でかなり大きいです。
テキストスキップが遅いのが少し気になりますが、そもそも使うことがほとんど無いので、
まま良しでしょうか。

 < こ こ ま で テ ン プ レ >


 毎度々々、選択肢の少なさを書いてましたが、今回は多少気にしたのか「中出しorぶっかけ」の選択が部分的に追加。ま、まぁ、前進したと捉えてよい、、、のか?笑゛

 この他、今回新しく搭載された機能が「マウスジェスチャー」
インターネットブラウザにある機能同様、右クリック押しながらマウスを動かすことで、割り当てた操作を実行できます。
 今回はまだ、上下左右の4動作にしか割り当てはありませんでしたが、今後もっと拡張していくこともできるんではないでしょうか。若干、感度に難があるものの、この機能はすごく便利でした。次作以降にも、応用してほしいですね。



その他 

 ◆長さ
16時間程度。
うち共通が5時間。とてもよい配分だったと思います。
マーガレットやアンなど、特定のヒロインに限ってのみ、もう少しだけ上乗せしても良かったかな、とか。

 ◆エロ
前作の「ヒロイン全員貧乳」という試みが大変不評だったことは本作でよくわかったwww


▲ヒロイン全員巨乳(並盛以上)の本作は『おっぱいエリクシル』という別名もあるとかないとか

この画像でもわかるとおり、主なエロ担はカトレア(左)とバジル(右)。
バジルにいたってはイベントCGの2/3がHCG、Hシーンは他ヒロインの2倍量という恐ろしいエロシスターっぷりを発揮しています。

いやはや、恐るべきは『シスターの夫管理法』かwww

ただ、ひつじ的には今回の尻担はジャスミンだとばかり思っていたので、少しびっくり。
あと、丼ぶりというかハーレムもなかったんですよね、意外なことに。もったいない。


ところで、「当ててんの」って一般名詞になってたんですね。
普通に文脈に出てくるから噴いたwww


 ◆萌え
 青山ゆかり×AXL×黒髪ロング×真面目=


▲もこもこ羊さんが大好きなアン。ひつじもあなたが大好きです←

エ ク ス タ シ ー

萌 え 


『姫風呂』のレキには一歩及ばないところですが、その可愛さは真性。
ブルームさんに思いが通じなくてもやもやしてるアンもいいですが、ひつじ的には
やっぱり「羊さんもこもこだぁ」とか言って悦っちゃってる彼女が大好きです。
あああああもおおおおおアン可愛いよおおおおおアンンンゥゥゥもこもこぉぉぉぉぉ
ああああもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこもこm(以下略

あ、ちなみにデレたカトレアさんも超がつくほど可愛いです。(冷静)


 ◆笑い
 おもしろかったです。
ほのぼの笑い、変態、パロディなどなど。
ところどころ声をだして笑えるシーンもありました。


▲村の若者・ユッカとフロストの悲しすぎる過去を語るバジル。

前作同様に自社パロネタを殆ど廃したのは好印象。
ほら、過去の遺産に頼らなくても十分おもしろいじゃないですか。


 ◆音楽

 ・・・・・・・・・・・・
松田理沙がいない
 ・・・・・・・・・・・・



(OPにKOTOKOを迎えたことで、楽曲の豪華さに拍車がかかりました。Vo.曲は全6曲。
どれも良いですが、やっぱりOP「Flower!!」はおすすめです。
またcv陣も青山ゆかりを筆頭に良演。とくに男性陣は羊ほか動物の声もしていて、最高です。


で、松田理沙どこ・・・・・・・・・・・・)



 
総 評 

 AXLにはやっぱり辺境舞台が似合うよねゲーム。
 いまだに多くのAXL信者が推薦する『姫風呂』同様、辺境を舞台にした本作品はシナリオ担当者が違えども抜群のおもしろさ(ほんわり感&笑い)。
 エロゲらしくエロをプッシュしてる面もあり、システム面での新実装もありとかなり意欲的な作品だったと思います。
 イベントCGが少なかっただけに悩むところですが、AXL信者の贔屓目も入って、久しぶりの
オススメ秀作 認定です。定価で買ってプレイの価値あり。






 ◆ネタバレありの感想はこちらから。


=== === === === === ===
<雑記>

レビューとはまた別に、ネタバレ全開で感想書こうかな。。。
このゲームについて、すごく誰かに話したい気分。誰かと話したい気分。
いやー、よかったよかった。

コメント
初めまして、AXLを1年ほど前に知った、見習いAXL信者です。
百花繚乱エリクシルがとても気に入ったので同じ思いを共有できる方と会えないものかと探し回ってここに立ち寄りました。
記事で触れられた通り、
マーガレットがセンターヒロインの名に恥じないストーリー、キャラクターで本当に綺麗にまとまってるなと思いました。
あと、ブルームがカッコいい。ヒロイン含めても一番好きなキャラクターですw
同じく誰かとこのゲームについて熱く語りたいくらい気に入ったので感想を楽しみに待っています。

  • ラスハ
  • 2013/05/04 12:51 PM
>ラスハ さん

はじめまして。ようこそAXLの世界へ笑゜

マーガレットは立ち絵も格好よく決まってましたし、仲間との協力、主人公との信頼関係など盛りだくさんかつテンポ良いルートでしたね。

ブルームさんは下手すると、過去作品の中で一番人気が出る主人公になるんじゃないでしょうか;(恋楯の妙子は除く)
あの本気だした時のむかつくカットインは印象強すぎです笑゛

遅筆で申し訳ありませんが、感激冷めやらぬ内に感想をしたためるつもりですので、よろしくお願いします。

また、AXL信者はわたし以外にも、相互リンクしております「AXL信者のブログ」管理人ユーリーさんもそうですので、ぜひ一度ご覧になってみてください。
  • ひつじ
  • 2013/05/05 8:05 AM
はじめまして、感想見させていただきました、お疲れ様です。
といっても前からAXL関連のレビューは見ておりました。
雑誌などで初報が報じられた時、プリフロの焼き直しじゃないかと不安もあったのですが
製品を遊ぶとそんな考えが吹っ飛びましたね。
この作品はラスト付近からエンディングの流れが
とても気持ちよくてハッピーエンドは良い物だと再認識しました。
終わったあと楽しめた故に喪失感があり
余韻を誰かと共有したいって思いになりました。
  • あき
  • 2013/05/05 10:42 PM
>あき さん

はじめまして。
以前からとのことで、ありがとうございます。

確かに、「田舎もの」という良い要素は同じでしたが中身は大きく別物で、まったく新しく楽しめました。
本当にどのルートも、話の締め方、エピローグが最高ですね。今作において限りは、BAD EDがなくてよかったんじゃないかなって思っています。

良い意味でのプレイ後の喪失感というのはいい表現ですね。いつまでもこの世界に浸っていたい、そう思わせてくれるゲームでした。

ネタバレありの感想を書きました。
だらだら書いていますが、よろしければそちらもどうぞ。
  • ひつじ
  • 2013/05/06 5:55 PM
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

archives

recent comment

  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    ひつじ
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    第三部長
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひびき
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ユーリー
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    ひつじ
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    呑ま部長@大雪の被災者

search this site.

others