『修道女エミリー』


 予告どおり、『鉄球姫エミリー』の続編を読んでみました。

「1作目でノーフォーク公の放った亡霊騎士によって、家族も居場所も失ったエミリーは修道院に入り院長を務めていた。そして、そのエミリーの下にノーフォーク家の末っ子・グレンが守護騎士として派遣されてくる。」という繋がりの2作目です。

 1作目では、その戦闘シーンの描写の甘さを叩きましたが、原作・八薙氏がその記事を読んでくれたおかげでかなり改善されていました(ちょ・・
 前作と違い「夜襲」というシチュエーションでしたが、戦闘シーンのそれぞれの動き、緊張などがよく伝わってくる描写が心がけられていました。

 しかし、前作において敵・味方ともに最強のカードが死んでしまったので、戦闘自体の迫力やボリュームが減衰してしまい、今度は逆に「描写力をシナリオが活かせていない」落とし穴にはまっています。

 そのことを作者もわかっているのか、今回はメイン視点をエミリーよりもグレンに置いて、シナリオも主にグレンの成長を追うものに仕上げています。結果的にこれは功を奏して、1作目との違いを醸し出し読者に飽きを感じさせない良いスパイスになってます。

 全体的に見れば、「2作目としては成功」の域。
 すでに3作目『花園のエミリー』が刊行されているので、その出来次第でこのシリーズの価値が見えてくるのでは、と思っています。

 あ、もちろん、買いますよ。
 だってイラストが(ry



コメント
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

archives

recent comment

  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    ひつじ
  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    第三部長
  • 忌み子ヒュレイト
    bose wireless speaker
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    ひつじ
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    まれびと
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    ひつじ
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    第三部長
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ

search this site.

others