『私立アキハバラ学園』

 (2011/5/13 11:31 更新)
予定より大幅に遅れましたが、更新。

akigaku
 『私立アキハバラ学園』
 製作は‘Frontwing
 2003年8月発売。
 
  あらすじ
 転校を機に脱オタを目指した冬馬壮一郎。
しかし、兄(壮一郎)につられてオタになり、いつしか兄さえ手の施しようがないオタになってしまった義理の妹・琴未の謀りによって、壮一郎はアキバに門を構える私立アキハバラ学園に転校するハメになる。
 「私立アキハバラ学園」。
学長は等身大フィギュアを抱き、校内をメイドが闊歩し、学生は全員なにかのオタクという恐ろしい学校。まさに、オタの、オタによる、オタのための学校。
 ロリ教師や自称エルフやネコミミやメイド隊たちに囲まれて、壮一郎は果たして脱オタできるのか
・・・・・・いや、無理だろ。常考。


先に、簡単に評価だけ。

 ストーリー(/25) ○14点 琴未√だけは秀逸
 イラスト(/25) ○16点 Hシーンは◎ 
 システム(/15) △8点 音量設定がむちゃくちゃ
 その他(/各7) 長さ2 エロ5 萌え6 笑い7 音楽4

 総合 62点


 ストーリー
 正直言ってシナリオはおまけです。
「オタクが通う学校って設定があったらおもしろいよね〜」ってゆーお茶の間レベルの思いつきから企画されたんじゃなかろかと容易く想像できるお話になってます(^^;
 そんな中にあって、キラリと光ったのは妹・琴未のシナリオ。
5人のヒロイン中、唯だひとり挿入歌が用意されているほどの扱いの違いww
そして、実際おもしろいです。
義理とはいえ、妹に欲情してしまう兄の葛藤を描く手垢まみれのシナリオかと思わせて ・・・さらに二転三転する展開に、うまく引き込まれてしまいました。


▲清清しいほどにオタクな妹。
 全身から「兄ィ、かまって」オーラを(ウザいぐらい)出しているのが可愛い。


 その妹にしてもそうなのですが、このゲームのメインポイントはキャラクター
「ジ●リ?ガ●ナ?かかってこいよ」な外見した学長や、「〜〜っちゃ。」が口癖で虎柄ビキニを着たおっさん教師、3次元に別れを告げたクラスメイト(ネコミミ標準装備)など濃厚すぎるサブキャラの面々。日本のアニメ・ゲーム好きが高じてアメリカからやってきた留学生・ジェットにいたっては「ジャパニメーション!」とか、興奮したら「ジャッパニ、ジャッパニ!」とか叫んで発狂しだす始末ww
どう見てもオタクを超えて変態の集まりにしか見えません。ありがとうございます。
ヒロインたちとのやりとりも十分面白いのですが、それ以上にサブ陣の盛り上げが最高すぎます。
日常パート>>>個別パートですね。


▲『エロゲ』って言うな!これは神器だ!(ネコミミ名言集)


 イラスト
 しんたろー原画。
イベントCGは84枚。差分もあまりなく、CGはボリューム不足。
とゆーか、フェラのシーンでCGがなく暗転でごまかしたり、そのイベントに居あわせてはいけない人物が描かれてたりするのはどうなんだ?ゆでた●ご先生じゃあるまいし(^^;
 今回、このゲームでもっての最大の収穫はひつじが
「妹+立ち+バック+素股」シチュの素晴らしさに気づけた点。
それを知らしめてくれたという意味では、最高の原画さんだと思います笑゛


 システム
 マウスの操作性や口パク動作にも不満はありますが、一番わるかったのは音声バグ。
設定で各キャラの音量を上下できるにも関わらず、サブキャラの音声が異常な大音量になるバグが発生。結局、全員の音声をオフにするはめになりました。
サブキャラや琴未のcv陣は名演だっただけに余計に残念です。
 ゲーム性はやや低い。
特定条件下で発生するイベントが少数あるのは面白いですが、ルート分岐と関係ない所で発生するので見落とす人も多そう。また、行き先選択画面がやたら広いのに、一部しか使われていなかったのはもったいないですね。

▲どこ行くシステム。アキバの町を舞台にしている。


 その他
 長さ
 12時間程度。短め。
個別のシリアス部分はどうでもいいけど、日常パートはもっと欲しかったです。
特に、朝晩の妹(琴未)とのくだらない絡みは、もっと書いても良かったと思います。

 エロ
 回数自体は各ヒロイン5〜8回ありますが、本番があるのはその内1〜3回だけ。
ただ、挿れなくてもエロいシーンが結構あったのはひつじ好み。
 特に、イラストの項でも言いましたが、妹立ちバック素股の神々しさはエロ級。
 妹以外でも、文(あや)のわかめ酒ならぬわかめ紅茶やシンシアのスク水眼鏡三つ編み委員長プレイなど、見所は豊富。

 萌え
 とりあえず、なみ先生には萌えなかった件・・・

 笑い
 抱腹レベル。
とゆーか、それが本作の肝でもあります故;
『遊撃警艦パトベセル』程度にバカゲー。

 音楽
 EDが名曲すぎて、逆に笑ってしまうwww
橋本みゆきの「LINK」なんですが、普通に良い歌。
OPや挿入歌、アキ学校歌(作中未使用)で電波をゆんゆん飛ばしといて、EDだけガチかよ!?って思わず突っ込みたくなるぐらい、名曲です。
BGMはシンシアのテーマが一番印象強いですし、アキ学っぽいですかね。 
 あとは、まきいづみはやっぱりまきいづみだなぁとか(笑;


 総 評
 ジャッ、ジャッパーニ!!ん、んふぅ・・ジャパニメーッションッッッ!!なゲーム。
意味分からんと思いますが、プレイしたら分かってくれると思います。
ジェットまじキモいww
 シナリオ、テキスト量、CG枚数などから考えて、今ならミドルプライスで十分なんじゃないかな、と思われます。今更新作で買う人もいないと思いますが、ワゴンで1000円切ってたら買いのゲームですよ(^^;
 あ、それと、本作では久々に妹キャラがひつじのハートをスマッシュヒットだことみん。



2003年ってことを鑑みたら、このOPムービーって結構スゴイですね。
さすがFrontwingなのよさ。

コメント
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

archives

recent comment

  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひびき
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ユーリー
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    ひつじ
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    呑ま部長@大雪の被災者
  • THE STRONGER'S PARTY @神戸ワールド記念ホール
    呑ま帝王@ボジョ
  • THE STRONGER'S PARTY @神戸ワールド記念ホール
    ひつじ

search this site.

others