別に暇なわけじゃないですヨ?ホントですヨ?(追記あり)

 (2010/9/10 0:20 修正)
早見表の誤りを修正。


こんなん作ってみました。

<生まれ年対応平成ライダー早見表>
riderumare400.jpg

ひつじは、OOO(オーズ)の生まれです。

さらに丁卯(ひのとう)みたいな感じで言うなら、BLACKOOOです。

>あら、やだちょっとかっこいいいじゃない(・ワ・*)

>いやいや貴殿こそ。ストロンガーさんクウガとは。憧れるでござるなぁ(・ω・´)

みなさんもこんな感じで、明日の職場で使ってください。(ムリだ。


=== === === === === ===
 AXLさんにまんまと釣られて始めたTwitterですが、結局なにをつぶやけば面白可笑しいのか全くわかんなかったので、もういっそブログ更新と更新の間のつなぎとして使ってやることにしました。
時たま、なんか言います。

 さって、そろそろオトボク2を消化する作業に戻ろうかなっと。


=== === === === === ===
(2010/9/9 23:40 追記)

思い立って2010年のボジョレーヌーボーのうたい文句を予想してみる。

〜参考〜
 95年「ここ数年で一番出来が良い」  
 96年「10年に1度の逸品」
 97年「1976年以来の品質」       
 98年「10年に1度の当たり年」

 99年「品質は昨年より良い」
 00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
 01年「ここ10年で最高」        
 02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
 03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」  
 04年「香りが強く中々の出来栄え」
 05年「ここ数年で最高」         
 06年「昨年同様良い出来栄え」
 07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」  
 08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
 09年「ここ50年で最高の出来」


・・・そして、2010年。

出来がホントに良い場合⇒
「昨年を超える力強くフレッシュな味わい」「21世紀に入って最高の出来」

 やっぱり、そろそろ「今世紀最高の〜」が来てもいいと思うのですw

◆出来が良くない場合⇒
「新鮮でフルーティな味わい」「なめらかな口当たりと心地よい酸味」
 出来が悪いときは07年、08年に見習って、淡々とガメイ種の特徴を書くだけとゆーww

 さてさて、どうなるか・・・
今年のボジョレー・ヌーボーは11月18日(木)解禁です。

コメント
初代仮面ライダーが(’72)となっているのに亥年にカテゴライズされてるのは放映開始が71年だからですか?まぁ足掛け3年放映してたからコアの部分は72年になるんですね。

とりあえずケイリがミズ○スと知って驚いた今日この頃。
  • 2010/09/09 11:49 PM

ご指摘ありがとうございます。単純に間違えてました。
()内には放送開始年を記載しています。ですので、初代ライダーは71年になるべきです。僕のミスでした、すみません。該当箇所、訂正させていただきました。
ちなみにアマゾンだけは極端に話数が少ないので例外ということで;

とりあえずミ○ハスは源氏名が多すぎるんですよね。まあ、そのぶん声がわかりやすいですが(^^;
そしてごめんなさい。ケイリがまだ登場していない我が家のオトボク2です・・・超ッ早で急ぎますっ!
  • ひつじ
  • 2010/09/10 12:27 AM
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

archives

recent comment

  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    ひつじ
  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    第三部長
  • 忌み子ヒュレイト
    bose wireless speaker
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    ひつじ
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    まれびと
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    ひつじ
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    第三部長
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ

search this site.

others