ブログタイトルについて本気出して考えてみた。

 7月です。
今回はめずらしく獣医にまつわる話。
 がちんこな内容なので興味がない人はAlt+F4推奨。

=== === === === ===
 ウチの大学では毎年8月にオープンキャンパスが行われ、多くの高校生が訪れます。
オープンキャンパス自体は大学の運営ですが、去年も含めこれまで何度か「在学生が受験生の質問に答えます!」的な有志の協力企画を行ってきました。

 これが意外に好評で、たくさんの高校生やその親御さんが喰らい付くように質問してくれるんですね;
 ですが、まぁ、TPO的に言い辛いこともありますし;
それに今年は、この企画自体をやる余裕が(個人的に)ないこともありまして・・・

 代わりといってはなんですが、なんとまぁ、ブログ上で全国向けにやってしまいます。
これまでに聞かれた質問・よくある相談に対する赤裸々な回答集です;
もちろん、ネタ要素一切なしです。
 

 ・・・ ・・・はい、そこ。
でもこのブログの読者層ってゴニョゴニョとか言わない。

 そんなこんなで、続き以下は「獣医学科学生による受験生のためのFAQ」です。
 

◇獣医学科学生による受験生のためのFAQ◇

オープンキャンパス等で、高校生(とその親御さん)から頻繁に訊ねられることをピックアップして回答しています。
今後、獣医学方向に進もうと考えている人の参考になればと思います。
※回答の内容はあくまで管理人の考えによるものに過ぎず、押し付けるつもりは全くありません。
※また、以下の内容に基づく判断・行動の責任を管理人は一切負いません。




<質問1>
saki高校で「生物」を選択していないと授業についていけませんか?




<回答1>
hisa「生物」は、やっとくに越したことはありませんが大学の授業で十分補完できます。
換言すれば、【「生物」を選択していない】+【大学の授業をサボる】のコンボはデンジャラスです。





<質問2>
saki就職先は動物病院がメイン?




<回答2>
hisaそうです。
ですが、それだけでもありません。動物病院で診療業務を行う、いわゆる「動物のお医者さん」の他に、公務員(衛生関係etc.)、農業関係団体、民間企業(製薬etc.)に進む人は多いです。このあたりは大学によって特徴がありますので、自分が目指す職域をしっかりと考えて大学を選ぶといいと思います。



<質問3>
saki動物園に勤めたいのですが?




<回答3>
hisaそうですか、頑張ってください。
・・・
・・・
・・・
・・・
まぁ、もう少し言えば、動物園で何をしたいかによりますけど、飼育員したいんなら獣医の勉強する必要はありません。時間とお金と資格の無駄です。
動物園の獣医さん志望者は、毎年いますがかなり狭き門です。まず動物園が少ない、動物園当りの獣医師必要数が少ない、辞めていく獣医師が少ないetc.
「動物園で働けなかった」場合の身の振り方も考えておきましょう。



<質問4>
saki将来、野生動物の保護をしたいのです。




<回答4>
hisaTVなどでたまに取り上げられることもありますが、国内にしろ国外にしろ、野生動物一本で食っていける人なんてのは極めてレアケースです。
そもそも、野生動物の「治療」を目的にしないのであれば獣医である必要もありません。動物学とか動物行動学とか、そういうのがあるんじゃないでしょうか。
「したい」気持ちは理解できますが、「生きていくための職業」としてもっと意識しましょう。



<質問5>
saki獣医学科の授業ってどんなことするんですか?
カエルの解剖とかですか?
手術の授業とかありますか?



<回答5>
hisaカエルの解剖はむしろ高校生物なんじゃ・・・
授業は小学校と同じで、教科書読んで覚えるのがメインです。実験も顕微鏡覗くような実験が多く、生きた動物を扱う授業なんてむしろ特殊な部類です。
「手術の授業」といっても、実際に病気で来院した患畜をどうこうすることは絶対にありません。獣医師免許を持っていない学生たちは、診療業務できないんです。法律上。
大学所有の動物で手術の練習(開腹して縫合するだけ。)する程度です。



<質問6>
saki動物の解剖とか可哀想で出来そうにないです・・・




<回答6>
hisa慣れます。
殺すことにではなくて、可哀想と思うことに。
獣医師は動物を救う職ではありません。人間と動物が共に生きる社会を守る職です。そして、合法的かつ義務的に動物を殺す職です。
自分の手が多くの動物の血で汚れていること意識して初めて、獣医師たりえます。
だから、慣れます。



<質問7>
sakiネコアレルギーです。




<回答7>
hisa大丈夫です。授業などでも配慮してくれます。
ネズミアレルギーのくせに、毎日ネズミと格闘していた先生も知っています(笑゛
ただ、動物病院に就職したい、という場合はどうなんでしょうね・・・





<質問8>
sakiクラスの男女比は?




<回答8>
hisaウチは学年によって、男:女=5:5〜7:3ぐらいです。
大学によって若干の差はあると思いますが、どこもそんな感じかと。
ここ2・3年で、獣医学科に対する女性志望者は減少してきてるみたいですね。
人気がなくなった、というよりもブームが去った感じです。




<質問9>
saki動物を飼ったことがないのに獣医師目指したら変ですか?




<回答9>
hisaいえ、全く。珍しい話でもないです。
ペットがいる(いた)ことが獣医師志望の動機になるのは決して必要十分条件ではないはずです。極端な話、動物が嫌いな人が獣医師を目指してもおかしくないと思います。
要は、なぜ獣医師を目指すのか、ということ。




<質問10>
saki大学は楽しいですか?しんどいですか?入ってよかったと思いますか?




<回答10>
hisaあなた次第です。
ただ、「なんとなく・・・」で入学するには特殊すぎる学科ですので、よくよく考えてみることを激しくオススメしますが。







以上、オープンキャンパスなどでよく訊かれる質問のうち汎用性のある10個を選びました。
中でも質問1と5は頻出オブ頻出ですね。
ちなみに実習には、牛の肛門から腕を肩口まで突っ込んで牛のお腹の中を撫で回す「直腸検査」の授業とかもあります。ウ●コまみれになります。

 先にも書きましたが、ここに書いた内容はあくまで参考にして頂ければと思います。より詳しい内容や、このほかのことについて知りたい場合は、コメント欄にコメントして頂いても構いませんが・・・基本はオープンキャンパスとか説明会とかに出向かれることをオススメします。学校の雰囲気を知る、というのも大事なことですしね。

 それでは、受験生の方の健闘を祈っています。











 あと、いつもの読者さんは今日はごめんなさいでしたw


 以下、検索用ワード。
[獣医][なりたい][大学][疑問][質問][回答][学生][授業][就職][受験][勉強][ペット][アレルギー][生物][実習][実態][相談][知りたい][わからない][管理人の意図がたまに本気でわからなくなる]


コメント
大学でカエルやらハエやらの解剖を経験した理学部卒のオレが通りますよっと。

いや、オープンキャンパスとか懐かしいですね。本当に受験生の皆さんには頑張っていただきたいものです。

…そして検索用ワードの最後の一言が明確すぎるほどいつもの『はじじゅう』を表している件について。
  • 第三部長
  • 2010/07/03 10:40 AM
>第三部長さん

ハエの解剖・・・肩凝りそうですね(^^;
自分も受験生してた頃は、夢とか希望とか爽やかなものを胸いっぱいに抱えてた気がするんですけどねぇ・・・何がどうなったのやら。

検索用ワードについては、まぁいつものひつじですよー、ってゆーあぴーるだったり。
  • ひつじ
  • 2010/07/04 12:50 AM
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

archives

recent comment

  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    ひつじ
  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    第三部長
  • 忌み子ヒュレイト
    bose wireless speaker
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    ひつじ
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    まれびと
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    ひつじ
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    第三部長
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ

search this site.

others