ひつじと新しいヘッドホン

 この歳になると誰もお年玉をくれない、というかむしろ親戚のガキど子供たちにお年玉を搾取される側に成り下がってしまっています。
 そこで、せめて自分ぐらいは自分にお年玉をあげるんだッ(`Λ´) と思い、ヘッドホンを買ってあげました。
 ・・・まぁ、単に前まで使ってたのが壊れたってのもありますが;

mdr-ex500sl.JPG

SONY MDR-EX500SL

 2006年発売のMDR-EX90SLは愛用の方も多いはず。
本機はその後継機であると同時に、EXシリーズのハイエンドモデルMDR-EX700SLの下位機種でもあるサラブレッドイヤホン。
 2008年発売ということで、結構安くなってたのをポチっと買っいました。

mdr-ex500sl.JPG

 イヤホン本体の他に、イヤーピース(大中小)、コードアジャスター、キャリングケース(本革)が付属。
黒のキャリングケースは確かにオサレですが、多分使う機会はない(笑゛

 外見のわり(←ちょw)に装着感は非常に良く、また遮音性も高いです。特に装着感については、軽さ、耳道への負担、フィット感どれをとっても素晴らしいです。
 この事も含めて、色々とメカニカルなストーリーがあるのですが、その辺は端折って(SONYのページを見てもらうとして)音の話へ。

 立体的な音感がやや弱くて、音場も開放的かな・・・と思ったのですが、いやいや待てよと。これ、イヤホンなんですけど;
なんの疑問もなくヘッドホンの音質と比較してしまいます。いや、列記していいと思います。
そのへんの安っぽいヘッドホンと比べてしまうと圧勝でしょう。そんな立体感と生々しい音。

 特筆したいのは解像度の高さ
メインの音はもちろん、バックコーラスひとつひとつや、ピアノを叩く強弱などが、非常にクリアに聞こえてきます。とりわけ、ヴァイオリン・ギターなどの弦楽器についてはゾクゾクするほどです。ストリング1弦1弦の振動が伝わってくるようです。

 ただ、1音1音が明確に分解されているだけに曲全体としては少しバラバラにされてしまった感じがあるのも否めません。つけ麺で食べるラーメンみたいなモンでしょうか?全体的に淡白なんですよね。

 とはいえ、やはり低音域まで明確に拾ってくれるイヤホンというのは貴重。大音量で聴くとありがたさがひしひし。

 メインボーカルを前面にプッシュしつつ、コーラス、ストリング、低音ベースのどれもが楽しめる素材として、ゆずの「いつか」SoundHorizonの「澪音の世界」がオススメ。このイヤホンの全力全開が味わえますb
 ストリングが良いのでクラシック(ヴァイオリン協奏曲とか)が合うかと思いきや、むしろヘッドホンとしては中途半端な完成度が裏目に出てしまい満足できませんでした。出来る子だけに上を見てしまう、とゆーね(^^;

 ひつじとしては、装着感の良さが絶対☆正義なのでしばらくこの子で生きていけそうです。あとは、部屋用のヘッドホンも新しいのが欲すぃ・・・いわゆるエロゲする用ヘッドホン。


コメント
サンホラでそんな聞き分けができるとは…

こっちもいいヘッドホンおせ〜てw
  • 猟奇20010
  • 2010/01/04 1:11 AM
>猟奇20010さん

・サンホラもたまに聞きます(^^;
・ヘッドホン探すのには、2chの関連スレが結構参考になりますよ。
ひたすらハイエンド志向な所とか、コスパ重視の所とかがあって目的ごとにまとまってるのが魅力です。
  • ひつじ
  • 2010/01/05 5:37 PM
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

archives

recent comment

  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    ひつじ
  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    第三部長
  • 忌み子ヒュレイト
    bose wireless speaker
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    ひつじ
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    まれびと
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    ひつじ
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    第三部長
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ

search this site.

others