『GUNSLINGER GIRL』(1期) 観ました。

 先日、たまたまスカーンと予定の空いた日ができたので、兎も角も溜まってた秋アニメを処理。

 先週放送分まで一気に追いついて、まだ時間が余ってた(←ホントに1日フリーだった;)ので以前から観ようと思ってたアニメに手をつけました。

 
『GUNSLINGER GIRL』

to OHP

 2003年10月〜翌2月、全13話。

 イタリアを舞台に繰り広げられる、開発兵器としての「少女」たちと、その担当官たちの物語。
少女は「義体」となり人を超え、担当官は彼女たちが置いていかざるを得なかった人間性を背負っていく。
 −fratello−
それは「兄妹」を意味する言葉。



 数人の少女が主要人物として登場し、おおむね各話完結でそれぞれの少女のエピソードを扱っていきます。なので、13話通じての話というのはありません。

 ただ、その一話々々の重さが尋常じゃない。
正直13話一気に見るのはオススメできません。

かなり凹みます。


 作中、幾度となく「トリエラかわいいな〜」とか「いいよ、ヘンリエッタいいよ」とか思うのですが、いつもその後に「でも、この子たちって(寿命が)長くないんだよな・・・」と思い返し、悲しみが勝ってしまうのですね。

 しかし、ゆっくりでいいので見てもらいたいアニメです。

 少女たちを管理する「社会福祉公社」や、共和国派テロリスト、それに追従するマフィアなど、彼女たちを取り巻く環境は汚く泥臭い大人たちで溢れています。 
 その大人たちに「実験」され、その大人たちを殺していく彼女たちに、けれど暗い影はなく −少なくとも本人の多くにその自覚はなく− ただ、淡々と命令を遂行していきます。

 そして、彼女たちに代わって苛まれるのが、彼女たちの「担当官」。

 物語の主人公は、むしろ彼らだと思ってます。

 「せめて兄として。」「仕事の道具として。」「一切の興味を断ち切って。」
それぞれの担当官は、それぞれの姿勢で彼女たちに接します。

 なかでもクラエスの担当官ラバロとアンジェリカの担当官マルコーのエピソードは秀逸
わずか数話で、1本の映画を観終えたような感慨に包まれました。

 おかげさまで原作の方(電撃コミック、既刊11巻、以下続刊)も、かなり読みたくなってきてます。

6年以上前のアニメですが、決して色褪せない良作だと思います。
『GUNSLINGER GIRL』(1期)オススメです。



 ちなみに2期は、スタッフもキャストも変わってしまい、完全に別のアニメになってしまっています。
第1話の初め3分しか見てませんが、そっから見る気が起こりません;

 ひょっとしたら、「実はおもしろいんだぜ、コレ」的な2期なのかもしれませんが、声(キャスト)が変わって顔(作画)も変わってしまうと、、、ねぇ?




=== === === === === ===

Amazon.co.jp

to amazon

FN P90(ファブリックナショナル プロジェクト ナインティー)


コメント
1期は、細かい部分を補いつつも原作に忠実だったんでよかったです。
2期は・・・まあ・・・アレですよ・・・
脚本=原作者だったりはしますけどね・・・
  • つかじ
  • 2009/11/13 10:52 PM
>つかじさん

2期は・・・うん・・・アレですよね;
やはり時間が空きすぎたのが原因なのでしょうか。。。いろんな意味で可哀想なアニメでした・・・
  • ひつじ
  • 2009/11/13 11:56 PM
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

archives

recent comment

  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    ひつじ
  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    第三部長
  • 忌み子ヒュレイト
    bose wireless speaker
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    ひつじ
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    まれびと
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    ひつじ
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    第三部長
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ

search this site.

others