『DUEL SAVIOR』

 ロリコン記事(ちょ を2回挟んで、やっとレビュー。



 『DUEL SAVIOR』
製作は‘戯画
2004年10月発売。

あらすじ
 当真大河(とうまたいが)と当真未亜(みあ)。2人の兄妹は、下校途中に手にした1冊の本から、全く未知の別世界へと召喚されてしまう。
 そこは剣と魔法が支配する、全ての世界の根源世界「アヴァター」。そしてその王都近郊、フローリア学園に、2人は召喚されていた。
 フローリア学園の学生たちは皆、近く訪れる「破滅」との戦いのために研鑽していた。なかでも、『「破滅」から世界を救う』という伝説をもった救世主を育てるための「救世主クラス」は異質だった。救世主となりうる者の証「召喚器」を持つ、他の世界から召喚された救世主クラスの面々。
 大河と未亜の2人も、その救世主クラスに「救世主候補生」として編入させられることになった・・・
 救世主となれば、世界は思うがままというが、果たして?
 来るべき「破滅」との戦いの時は・・・近い。


先に、簡単に評価だけ。

 ストーリー(/25) ◎20点  リリィEDが最高
 イラスト(/25) ◎21点 イラストの使い方が巧 
 システム(/15) ◎14点  エンジン、アクション共良好
 その他(/各7) 長さ5 エロ5 燃え6 笑い4 音楽6

 総合 81点


 ストーリー
 「突如異世界へ→救世主になれ!?→仲間のために戦う内に救世主になってしまう→世界の命運決戦へ」という展開。
・サブヒロインs' ルート(ベリオ&カエデ&ナナシ&リコ)
 テンプレシナリオです;
どれも似たりよったりの展開で、正味飽きてきます。
 ただし、終盤〜EDへの運び方はいずれも上手く、どれも中々感動させられます。
オススメはベリオ。ED燃えました。

・リリィ's ルート
 サブ4シナリオ攻略後に解禁されます。
量的・質的にサブを上回るシナリオです。ってか正直、泣いたし燃えたし萌えた。
 ちょ、リリィかっこよすぎじゃね?かわいすぎじゃね?
そして、あのED!!!(ノД`)・゜・。ブワッ(号泣

ガチで泣いてしまいました。
これ、久しぶりですよ。お世辞抜きで泣かされてしまったEDなんて。


(ノД`)・゜・。ブワッ (思い出し泣き


・未亜's ルート
 未亜ルートのみnormal EDとtrue EDが存在します。
true EDとは言いますが、むしろDUELSAVIOR総まとめED的なEDです。
 内容としては、物語の謎明かしになっています。ただ、展開でいえばリリィルートの方がハッピーEDなんじゃね?と思えます。
 ストーリー的な感動よりも、ゲームやりきった的な感動の方が大きかったです(^^;

 全体を通して。
物語はすべて未亜EDに連なる布石なのですが、実際のテンションピークはリリィ。
シナリオもキャラも最高です。
 初め、リリィは嫌いだったんですが、ルート入ってからは完全に好きにさせられました。そりゃもうあんなこと言われたら・・・もう!!
あと、戦闘で操作キャラにしたらメチャ強いってのもありますが;
 秀逸な文では決してありませんが、勢いと熱気のこもった良いテキストで、読み疲れることなく最後までプレイできました。
 まぁ、サブ4人と破滅の将たちとの関係がリリィ&未亜ルートでは全く活かされていなかった点は残念でしたが。


 イラスト
 目が特徴的で、結構クセのある人物画です。
しかし、キャラクターの心情、場の空気がよく伝わるCGに仕上がっていて、画のクセも決して悪いように感じられません。また、背景や細部の書き込み、塗りも丁寧かつ鮮麗でファンタジーの世界観構築を助けてくれます。
 立ち画枚数は多くないですが、台詞に合わせて細かに変化するのでその少なさは気になりません。この辺りは、台詞送りの仕方(→システム参照)と合わせて、技アリなポイントです。
 雰囲気を持った画が巧みに活かされた良いゲームです。


 システム
 ADVパートとACTパートからなります。
ADVパートでは「行き先選択肢」でルートを決定していきます。
ACTパートは、テイルズシリーズ類似の戦闘。操作は単純で慣れればテンポよく戦闘を楽しめますし、単純なだけにコンボのやりこみなんかにはハマってしまいます。
 ノンプレイヤーキャラが弱すぎ・・・てかむしろどけ、コンボの邪魔!!ですが、それでも敵味方あわせて10体程度のキャラが1画面内で戦闘できるというのはスゴイ処理力だと思います。止まることも、まずなかったですし(1回だけは止まりましたが;)
  ADVパートでは攻略順が決められており、その順以外のルートに入ると強制BADEDとなります。
「まぁ、この順番で攻略するよね、jk」ってゆー設定になってるので、特には困らないかと。
 イラストのところで少し触れましたが、台詞送りの設定が絶妙でした。なんでもかんでも「クリックで全文表示」ということはせず、間を持たせるべき箇所や立ち絵、イラスト変化がある箇所はちゃんとワンテン置いてから、次の言葉を紡がせるという仕組みは、ドラマ性が強調されててよかったですね。
 操作性も良く、さすがは戯画エンジン、といったところでしょうか。
 唯一、難点といえたのが画面のウィンドウ化ができない点でしょうか。PCのグラフィック設定を変えれば可能ですが、それってめどい。
 

 その他
 長さ
ん〜、途中から時計みるの忘れてた(・・;)のですが、30〜35時間ぐらいではないでしょうか。
RPG系エロゲのしんどい所は周回プレイですが、比較的このゲームは周回も楽しめたかな、と思います。。。あくまで、「比較的」ですが。

 エロ
 最近やったゲームん中では良かった方かな、という感じ。
でも、主人公のエロさを考えるともっと色々できたんじゃね?とか思ってしまう。
 あと、クレア√がないなんて・・・心残りすぎますよ、ちょっと・・・

 燃え
 燃えです。燃え燃えです。
これもやっぱり、リリィが最燃えキャラ&シナリオです。
 かっこよすぎです、かわいすぎです、燃え萌えです。
サブヒロインの方は、シナリオで退屈することがあっても、EDでは確実に魅せてくるので、一応評価。

 笑い
 全体的にアップテンポで、どんな状況になっても明るい救世主クラスの面々が見ていて楽しいです。パロもありますが、メインの笑いは仲間内でのバカ騒ぎです。
 面白い、というより楽しい雰囲気を大事にしていますね。

 音楽
 Fatally キタァァァァァァァァァ

もう、かっこよすぎて困る。
 ただ、全ルートの終盤でinstを使うってのは、ちょっと安売り感がしていただけないかと;
さらに、未亜編ではvocal ver.が挿入されますが、

 なぜ1番だけのループにしたし。

ここぞという見せ場にして、何故fullを使わなかったのでしょうか。。。
 その辺を減点しても、6点はあります。
BGM含めて、めちゃくちゃ良かったです。


 総 評
 おもしろかったです。これは、間違いなく「やって良かった!!」と言えるゲームです。
シナリオ、イラスト、音楽いずれもハイレベルに揃えつつ、ゲーム性も兼ね備えた名作です。
 これは、やっとかんと損します!!
 オススメ!!

 

コメント
さぁ…次はコレクションディスクかジャスティスの地獄モードをやりこむんだ…!!
でも、クレア√はPS2版に収録されているようですね……

って前回のコメレスで必死に否定してたのにあんたって人はー!!www
  • 第三部長
  • 2009/06/18 1:08 AM
>第三部長さん

一応コレクションはやってみようと思ってます。。。たぶんですが。
今は、むしろバルドに惹かれてます。次の次ぐらいはバルドしてる鴨です。

そしてクレアについてはさらっとスルーします;
  • ひつじ
  • 2009/06/19 3:03 PM
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

archives

recent comment

  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひびき
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ユーリー
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    ひつじ
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    呑ま部長@大雪の被災者
  • THE STRONGER'S PARTY @神戸ワールド記念ホール
    呑ま帝王@ボジョ
  • THE STRONGER'S PARTY @神戸ワールド記念ホール
    ひつじ

search this site.

others