『ヨスガノソラ』



  はーい、良い子のみんなー。意識は既に半分以上3/4未満が夢の中な管理人が『ヨスガノソラ』の悪口を書きに登場だよー

 みんな、元気かなー??(現在午前5時13分。)



『ヨスガノソラ』
製作は‘Sphere
2008年12月発売。

あらすじ

 僕・春日野悠(かすがのはるか)と双子の妹・穹(そら)は、交通事故で両親を失った。
親戚に身を寄せることを薦められたが、僕たちは、昔よく遊びにいった亡き祖父母の田舎に行くことにした。
 山すその小さな村、奥木染(おくこぞめ)。右を見れば田んぼ、左を見れば畑。バスは日に2本しかなく、コンビニもデパートもない。道端には道祖神が祀られて、子供たちは神社の裏山で虫捕りをする。
 本当になにもないところで、僕たち2人は新しい生活を始める。
 子供のころ、夏休みになれば遊びに来ていた僕たちを覚えてくれている人も何人かいる。そうでない人でも、みんな優しく、温かく接してくれる。
 両親が死んでから引きこもりが加速していた穹も、ここなら心安らかに過ごせるはず・・・兄妹2人でやっていける・・・
 そう思って奥木染を選んだ、そう自分でも思っていた。
 けど、ひょっとしたら本当は、本当の理由は・・・

 なぜか公式HPに年齢認証がいらないブランド・Sphere の処女作。


先に、簡単に評価だけ。

 ストーリー(/25) ○11点 目玉の穹√も危うい
 イラスト(/25) ○17点  とてもキレイです
 システム(/15) ◎13点  操作性AA
 その他(/各7) 長さ2 エロ4 萌え5 笑い2 音楽4

 総合 58点


 ストーリー
 なんか色々騙されたような誤魔化されたような気がしてならないシナリオでした・・・

 まず、巫女さんは出てきますが神霊怪奇的な要素はゼロです。
 神社の名前とヒロインの名前が似てて関係ありそだったり、社の裏山の湖に伝説があったりしましたけど、なんか全然どーでもよかったです。物語は終始、人間臭い・・・というか昼ドラ的展開です。嫉妬だの不倫だの認知だの元彼だの・・・ 巫女要素って一体なんのために引っ張り出したんだろうか?

 次に、起承転結の「転→結」がものすごい速さです。
とりわけ、幼馴染の奈緒がえげつない。主人公の過去の大きな暗闇と深く関わっているルートであるにも関わらず、まさかの瞬殺ルート。初めのインパクトの勢いそのままにラストまで突っ走るみたいな感じですね。問題が起こってから解決までの勢いについていけませんでした。

 最後に、EDを投げるな、と。
瑛(あきら)ルートと穹ルートの2つは比較的良いシナリオだったのですが、どちらもEDへの運び方が卑怯ぃ。
瑛の方は、シナリオ的に頭使わなくていい方に舵をとった気がします。(具体的にいえば、DNA鑑定で瑛と一葉が入れ替わっていたと鑑定された方が、物語として深みが出たはずなのに、安易な方に逃げたと見えます。)
 そして穹ルートに関しては、概ね良かったにも関わらず、
「兄妹恋愛をみんなに話そう!」という決意→
ED ロール→
「2人は幸せです。みんなとも仲良くやれてます。」というED

と展開されており、結局どう頑張って友達に兄妹恋愛を認めさせたのか、スパーンと抜けちゃってるんですね。
たしかに、理解ある友人たちですから妹ラブも兄貴ラブも認めてはくれるでしょうが、だからといってライターはその過程を飛ばしちゃマズイんではないでしょうか?そこで苦心し、努力する主人公たちがカッコいいんだと思うのですが。

 全体を通じて、同人に毛が2,3本生えた程度だな、と思いました。
 穹シナリオは双子の実妹との恋愛という禁忌に触れ、強いテーマ性を持たせた上、穹自身のキャラもかなり立っていて非常に良かったのですが、上で述べた通りEDの大雑把さには好感を持てませんでした。
 瑛シナリオもその点以外は良かったです。
 他のキャラは終わってました・・・|||orz


 イラスト
まぁ、何もいわずこの1枚を見てくれ。
なぁ、どう思った・・・?

・・・スゴクいいと思います。。。

 とゆーわけで、原画は橋本タカシ&鈴平ひろという実力派を揃えただけあってハイレベルに仕上がってます。
 ただ、実力派だけに仕事が忙しかったのか(知りませんが;)、差分を含めてもCG枚数はかなり少なめ。鑑賞画面でも、CG枚数の少なさを誤魔化すためにか(知りませんが;)、「立ち絵&背景」が一緒に並べられてます。正直、貧相な印象をうけますね、あれはやめた方がいいですww
 また、仲良しメンバーで集団登校する場面を描くのに、「全員を1枚絵に入れて、且つアニメーションで歩くモーションを加える」という無茶をやったために、絵的にも読み込み速度的にも誉められたものではなくなってしまってます。『最果てのイマ』の登校シーンに『明日の君と逢うために』の歩くモーションを足した雰囲気にしたかったのでしょうが、見事失敗。出直してきましょう^^;


 システム
 操作に関しては文句なし。非常に使いやすかったです。
 選択肢は、3箇所。1人クリア後から4箇所に増えます。(←穹√分岐用)
もうちょっと遊びがあってもよかったかな、という感じです。
 あと、どうでもいーけど、テキストはゴシック系のフォントなのに、選択肢の文だけが明朝体だったのに噴いたww


 その他
 長さ
 11時間。短すぎ。
共通は2時間弱だけで、殆どが個別で進む、、、にも関わらず個別も少ないという。。。
 同人に毛が生えた程度と評した一つの所以。

 エロ
 CGはエロい。これは、予想外にびっくりさせられました。
淡白な絵なので、Hシーンの絵も然程エロくはならんだろうと思っていたのですが、中々どうして良かったです。
 ただ、キャラ毎の変化に乏しく、枚数も多くなかったのが非常に残念です。

 萌え
 穹に萌えないでナニがお兄ちゃんか。

 笑い
 えーーーーーー、1点でいい気もしてきました。
そんぐらい特に笑うとこはないです。雰囲気としては、ほのぼの楽しい感じ。

 音楽
 OP・EDともにRitaさんですが、僕はEDの方が好き。BGMは可もなく不可もなく。


 総 評
 せめて穹シナリオは完成させて欲しかったゲーム。
繰り返しですが、穹はキャラもいいですし話も悪くないです。他のキャラのシナリオを手抜きにするのであれば、彼女のシナリオをもっと昇華させてあげてほしかったですね。こう、一点突破なゲームにするってこと。
 『ヨスガノソラ』、地雷とまでは言いませんが、踏むときは気をつけて欲しい1作ですね;


コメント
悪口なんてほど不当な事は書いちゃいないと思いますがね。
奈緒や瑛を推す層による穹に対する罵詈雑言は凄まじいものがありますから、それに比べりゃ十分マトモな事言ってますよ。


  • 通りすがり
  • 2014/07/06 11:37 AM
>通りすがりさん

フォローありがとうございます;
とはいえ、個人的には結構期待していただけに、プレイ後の裏切られた感は大きかったです。

奈緒や瑛も、キャラデザは良いのでファンがつくのは十分理解できるのですが・・・その熱意が、マイナス向きに穹へ向かうのはお門違いかと(笑゛
  • ひつじ
  • 2014/07/07 9:17 PM
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

archives

recent comment

  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひびき
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ユーリー
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    ひつじ
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    呑ま部長@大雪の被災者
  • THE STRONGER'S PARTY @神戸ワールド記念ホール
    呑ま帝王@ボジョ
  • THE STRONGER'S PARTY @神戸ワールド記念ホール
    ひつじ

search this site.

others