『Clover Heart's』


  うっかり年越ししそうな勢いで更新サボってました。サーセンw

 とりあえずは、最近プレイしたゲーム。



『Clover Heart's』
製作は‘ALcot
2003年11月発売。

 あらすじ

 弱気だが友達の多い南雲白兎(なぐも はくと)と、喧嘩腰で協調しようとしない南雲夷月(いつき)。
2人は瓜二つの双子兄弟でありながら全く違った性格であり、同じ家に住み同じ学校に通いながらろくに目も合わせない生活を送っていた。
 そんな南雲家に突然舞い込んできた双子の女の子。
物静かな御子芝莉織(みこしば りお)と、勝気な御子芝玲亜(れあ)。
 ロシアからやって来た2人は、ある事件がきっかけで外交官である白兎・夷月の父と知り合い、彼によって南雲家に住むことを勧められたという。
 2人の兄弟と2人の姉妹が一つ屋根の下。
「俺に関わるな。」という言葉をだけを吐き、誰と話そうともしない夷月。
そんな言葉も態度も意に介さず、遠慮なく夷月に干渉し世話を焼こうとする莉織。
白兎にちょっかいを出しては反応を見て楽しんでいる玲亜。
それにほとほと困りながらも、実はちょっと嬉しかったりする白兎。
 白兎・夷月の執事ロベルトと莉織・玲亜のメイド久遠(くおん)も加わり、総勢6名の大所帯。
にわかに賑々しくなった南雲家で始まるクローバーハーツ(幸せの四葉探し)。
 季節が冬に移り、寒さに震えても。春には、また新緑が芽吹くから。 
 それぞれの背負う「辛い過去」を乗り越えて、愛すべき「家族」とともにこれからを・・・


 先に、簡単に評価だけ。

 ストーリー(/25) ◎20点 白兎EDでまさかの泣。
 イラスト(/25) ○16点   立絵と背景に定評。
 システム(/15) ○10点  対視点シナリオ
 その他(/各7) 長さ2 エロ4 萌え4 笑い4 音楽7

 総合 67点


 ストーリー 
 メインヒロインが玲亜になる白兎シナリオと、メインヒロインが莉織になる夷月シナリオの2つに分かれています。共通部分はなし。それぞれ、4つのチャプターから成っています。
 「1、莉織・玲亜との出会い→2、恋敵の登場・三角関係→3、イチャイチャ→4、白兎・夷月の仲直り。」というのが大雑把なチャプター毎のテーマです。基本的に、主人公含め登場人物たちの心が成長していくのを見守るお話です。
 全体的に丁寧な文章と、綿密なキャラ作りに感心させられました。主人公やヒロインの心の機微を上手く描けていると共に、登場人物の性格と台詞にも違和感がなく、安心して読みすすめられるテキストです。
 特筆すべきは白兎シナリオのチャプター2と4。
 痴情の縺れ(笑)から修羅場に突入していくチャプター2では、あまりにリアルな書き方にプレイしているコッチまでにさせられ、
 夷月や父との仲直りがメインのチャプター4では、まさかの超感動EDに思いっきし泣かされてしまいました。
 一方で、他のチャプターでは、「起伏のない日常が繰り返して描かれる」ということが間々あり、やや飽きさせられたこともありました。登場人物の行動範囲が「学校か家か」のほぼ二択になっていたのも、その要因ですね。
 とはいえ、前半では「何でコイツらこんなガキなんだ・・・#」と軽く殺意を抱かせる程に未熟な言動を繰り返す登場人物たちが、終盤に向かうにつれかっこいい人間に育っていく様を描ききったのは見事でした。そして、やはり白兎ED。
 共通がないので少し長かったですが、見る価値あるEDだったと思います。


 イラスト
 夷月の顔の可愛さと性格のキツさがアンバランスです。白兎のほうは、優しげな顔よろしく性格もなよなよで問題ないのですが、全く同じ顔で啖呵きりまくる夷月には終始違和感が残りました。
 他のキャラクターについては、やわらかいタッチで描かれた、特徴ある萌え絵ですがアクが強い、というワケではなくキャラによくあった絵だったと思います。・・・何故主人公だけあなにミスマッチするかね(笑)。
 街や夕焼けを描いた背景はとても綺麗でした。
 立ち画も豊富で、かわいい表情から真面目な顔、間の抜けた顔まで広く表現されてます。
 稀にパースが狂って気が触れたような絵になっていることもありますが、基本的には正解。
 ただ、イベントCGの枚数が多くなく、かつ「コレはっ!!」というインパクトがありませんでした。何かこう、立ち絵の1歩先程度のCGがほとんどだった気がします。その中では、この1枚は結構良かったと思ってます。(あ、これもパースおかしい;)


 システム
 対視点型シナリオ、という『月陽炎』のやり直しみたいなシステム。
同じ時間を、白兎と夷月という2つの視点から楽しむことの出来るシステムです。
たとえば、チャプター1であれば、白兎編では白兎は玲亜と大喧嘩して悩んだ末仲直りをするのですが、夷月編では夷月がその一連を冷めた目で観測します。
 1つの出来事を異なった視点でみれることは、キャラクターの個性を認識する上で役に立ちますし、何より純粋にゲームとして楽しめる要素だと思うのですが、「クロハ」ではこれを満足に活かしきれていない感アリアリでした。せっかく、2方向から出来事を見れるのに、そもそも白兎と夷月の2人ともがいるシチュが圧倒的に少なく「対視点」というシステムが単なる「ダブル主人公」というシステムになってしまっていました。さらに、チャプター4つまりEDは、両シナリオが完全に異なるストーリーとなるため、全く持って「対視点」が使われない結果に陥っています。チャプター4を何故、別個にしたのか全く持って理解に苦しみます。
 コントロールについてです。
マウスホイールはバックログのみ対応で、行送りはクリックです。いつも言ってますが、とても嫌い(笑゛
オートプレイ中に左クリックを押すことで、オートを解除せずに強制行送り出来るのは非常に便利でした。
 その他システムです。
会話の際、キャラクターによってフォントカラーが決まっているのと、立ち絵の位置に会話ウィンドウが表示されるのは良かったです。できれば、他のゲームにも導入してみてほしいです。


 その他
 長さ

 23時間ぐらい?
共通ルートはないのですが、攻略するヒロインもメイン2人、サブ2人と少ないので、量的には並・・・のはずなんですが、何かプレイ時間以上に長く感じさせるものが大いにありましたよ、このゲーム・・・
先にも書きましたが、普通の学校生活・日常ライフを淡淡と描くショートスキットが多すぎて、実質時間以上に長い時間プレイしている気にさせられます。正直な話、途中でちょっとダレましt・・

 エロ
 柔らかいタッチの絵ですが、エロは結構濃ゆ目。
多分懇切丁寧なテキストと、基本的に「全裸は悪」を貫く原画師のせい。
 ただ、ヒロイン4人の内、3人が乳的に貧しいキャラなので乳派の紳士には物足りないかも。個人的にh・・ゲフンエフン
 ま、良くも悪くもALcot らしいです。

 萌え
 玲亜が大変な萌えキャラらしいですが、ひつじ的には理解できません。
あんな我が侭淫蕩あばずれの一体ドコが・・ブツブツ
 ひつじとしては莉織の健気さとちまりの可愛さにハナマル☆センセイション

 笑い
 御子芝さん家のメイドさん久遠と青山ゆかり嬢演じるクラスメイト飛鳥凛がいい。
イラストの雰囲気に反して、ガンガン下ネタ言ってくるのが、むしろ清清しいw
 パロは全くといっていいほどないです。執事ロベルトが、コミケに行く下りがちょっとあるぐらいで。

 音楽
 非常に良い。
 OP、ED、BGM、cvいずれも良し。
 特にOPとcv陣。
 ゲームと同名タイトルの『Clover Heart's』、曲単体としても聞かなきゃ損っ!てレベルですが、作中ではチャプター毎シナリオ毎に異なるアレンジ・台詞の挿入があり、圧巻。
 cvもいずれも名演ばかりです。ゆかり嬢も、今よりのびのびした感じがあって、これまた好きです。
 音楽に関しては、さすがALcot。定評どおりです。


 総 評
 イラストに騙されてみていいゲーム。
 大変萌える画にも関わらず、ガチ修羅場、尾を引く鬱展開、濃厚なH描写となかなか気持ちよく予想を裏切ってくれます。
 全体的に見ても均整の取れた仕上がりで、コンシューマ移植も理解できます。
 対視点システムをもっと巧みに組み込めていたなら、一層面白くできたかもしれないのが残念です。
 良作でございます。


 

 


コメント
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

archives

recent comment

  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひびき
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ユーリー
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    ひつじ
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    呑ま部長@大雪の被災者
  • THE STRONGER'S PARTY @神戸ワールド記念ホール
    呑ま帝王@ボジョ
  • THE STRONGER'S PARTY @神戸ワールド記念ホール
    ひつじ

search this site.

others