『最果てのイマ フルボイス版』



 でございますね。

 秋の夜長、仲秋の名月、天高く馬肥ゆる秋、読書の秋、先カンブリア紀、、、

 今年はみなさん、どんな秋を送られるご予定でしょうか?

 もし取り立ててご予定がございませんでしたら、当ブログは美少女ゲームの秋をオススメいたします。

 たとえば、、、そうですね。こちらなんて如何でしょうか?




『最果てのイマ フルボイス版』
製作は‘Xuse【純米】
音声なしが2005年8月に発売。本作は、主人公を除くキャラクターにボイスを追加、新規にサブキャラ3人とのHシーンを追加したものとして2007年11月に発売されたものです。


ロミオな物語ですので田中にお気をつけ下さい。
あらすじ → 503 Service Unavailable 

七人 僕等の場所 廃工場 お茶会 聖域 パーティション 錆と砂埃 仲間 学校 リンク 商店街 駅前 USER 飼育小屋 森 ジムノペディ 施設 草原 ESセル 魔女 先生 頭痛 薬 WHO ミール 猟奇殺人 TCP/IP 戦争 王 摸倣子 IN イマ ・・・ ・・・ ・・・

千々に撒かれたパズルのピース。
どうか、優しく配列されますように―


先に、簡単に評価だけ。

 ストーリー(/25) ◎22点
 イラスト(/25) ○17点
 システム(/15) ◎15点
 その他(/各7) 長さ4エロ2萌え3笑い5音楽5

 総合 73点


 ストーリー
 このゲームをプレイした人がほぼ間違いなく抱く感想。

 「意味わかんねぇ・・・」

 そう、激しく意味がわからない。時間も、視点も、因果関係さえも無視して繰り出されるチャプターの嵐。理解できない。

 しかし、最後の最後のホントの最後、地球カレンダーで言って産業革命が起こるぐらい最後の時。この世界の意味を知った時、点は鋲となり、鋲は線に紡がれ、一本の線は千々のカケラを結びあわせます。
 
 泣けます。

 巧み且つ緻密なシナリオ構成に感動を覚える以上に、ストーリーそのものに泣かされます。

 誰かに愛される喜びを思わされました。

 
 また、「意味わかんねぇ」シナリオであるにも関わらず、意味分からないまま読み進まされてしまう文章。なんでしょうね、この作文力わ・・・圧巻です。

 特にウィットに富んだ台詞回しは、一度引き込まれると抜け出したくなくなる曲者。

 これがロミオわーるどなんでしょうね。


 イラスト
 ストーリーという魚、イラストという水。
 まさにマリアージュ。
 まったく違和感なく世界感(not誤字)を構築しています。
 惜しむらくは画力の低さ。画師・あらきまきさん本人も「最果てのイマ ラフ画集」においてそのいたらなさを嘆いていますが、人物のキャラクターが見えない画になったり表情が荒れたり、悪質なミスリードになったりしていたことが目に付きました。 
 それでも、七人の日常を描写した何枚かのカットは、プレイ中もプレイ後も見るものに感動を覚えさせる良い絵です。前言、水魚の関係性からすれば矛盾するやも知れませんが、この亭主関白なストーリーに後れずついて行けたことは賞賛に値されるはず。


 システム
 こーゆーゲームは、ADVとは言いません、Xuseさん。
 これは、悪質なパズルゲームです。

 選択肢はなし。ルート、、、みたいなものはありますが、結局は全部通らねばならぬ道なので分岐ともいえない。

 『ひぐらしのく頃に』の「カケラ紡ぎ編」は確か数時間で終わって、かつ時間軸どおりにしかカケラを読みすすめない良心設計だったかと思います。
 『最果てのイマ』は、これを地(ダートコース)で行きます。
 カケラ紡ぎの数倍の量。時間軸を無視した悪質なチャプター配列。そして、その理解はプレイヤーに一任。放任ゲームです。意味不明と投げ出すも良し、再度初めからプレイして整理するも良し、掲示板にクソゲースレ立てるも良し、朝な夕なにチャプターを反芻・咀嚼するも良し。EDに至るか、何をもってEDとするか、プレイヤーに依存します。

 こんなゲームみたことない。

 クソゲーと紙一重の荒業と言っていいでしょう。しかし、それをさせなかったのがやはりストーリー。
 千々に引き裂かれてなお輝きを失わないストーリー、それでいてその全容を求めさせる艶々さ。
 あ、いや、これはシステムじゃないか。
 
 操作性も良好。あまり満点をつけるのは好きではありませんが、これは満点しかないかと。


 その他
 長さ

 プレイ時間そのものは25時間。ほぼ一日で終わります。
が、、、問題はプレイ後。 
 「プレイ後のプレイ」がこのゲームの真意。チャプター回想だけで3日ぐらい寝ずに遊べます。
特に笛子のシナリオは・・・あぁ。疲れた。笛子姉子笛子姉子笛子あねkふえknえk・・・・・・・・
だぁぁあぁぁぁぁx゛・・・・

 エロ
 やっと、悪口をいえる項目です。
 だめ!全っ然だめ!話になってない!!ありえないから!!エロとかちがうから!!!
 なに?あずさってメインじゃないの?なんで1人だけH1回だけ!?エロとかちがうから!!
 おかしくないですか?あんだけ乳キャラアピっといて、乳出さないとかおかしくないですヵ!?エロとかちがうから!!
 フルボイス版追加Hの3人が全員ぺちゃ級なのは評価する。けど、誰がストーリーから浮いたHを求めたの!!エロとかちがうからーっ!!!
 うがーーーーー!!

 萌え
 もしくは燃え。どちらでも可。
 最終局面での忍(主人公ね。)は中々にかっこよくて燃えますが、哲学的専門的タームが飛び交うためプレイヤーを選ぶような気がします。
 また、フランシスカΘのcvは佐本二厘さんということで、とってもさくらっセでしたw

 笑い
 ストーリーにも書いたとおり、ウィットの利いたドライな会話に注目されたし。

 音楽
 良音。世界に引き込ませる良い音楽を用いています。
 OPは、霜月はるか。初めて聞いたときはなんて眠い・・・と思いましたが、今となっては催涙弾
 フルボイスということで。
 cvは、笛子の大花どんさんが名演。
 やわらかいハスキーボイスとでも評できそうな特徴的な声。テンションもよくコントロールされており、聞いていて楽しかったキャラNo.1。
 他に、沙也加cv風音、千鳥cv松永雪希、フランcv佐本二厘さんらもナイスキャストでした。ノーボイス版はプレイしていませんが、このフルボイスは正解だったのではないかと思わされます。


 総評
田中に始まりロミオに終わるゲーム。
イラストもシステムも音楽も、全てが圧倒的シナリオに牽引されて昇華したといえます。
『CLANNAD』も圧倒的ストーリーを有するゲームでしたが、あれは他の要素が置き去りにされた一点破壊の強さでした。
一方、この最果ては亭主関白なシナリオに対し、各要素はなんとか置き去りにされまいと努力し結実させた輝きを持ちます。
ギャルゲーとして異色でありながら、奇形にはいたらない絶妙のバランス。
楽しめました。そして、これからも頭の中で時々思い出して楽しみます。
そーゆー味わいのあるゲームです。オススメは・・・しません。やっぱ異色だし。




コメント
最果てのイマやってないんだけど、レビュー読む限りC†Cみたいなロミオゲー臭がぷんぷんするね。
  • 土地
  • 2008/09/07 9:59 AM
>土地さん
本当は最果てのあとにクロチャをする気だったんですが、あまりのロミオ癖の強さに食傷気味です;
加奈も田中ロミオシナリオなのに、大分雰囲気が違うのは、やっぱり初期作だからでしょうかネ。
  • ひつじ
  • 2008/09/08 11:43 AM
もうみないだろうけど、加奈のときは自分の趣味ばりばりのなんとか大戦みたいなシナリオ(SF、オカルトなの)を作っては没にされてたみたいで、時期的にto heartが流行ってたから乗っかりましたみたいな感じだったはず。
田中ロミオ的にはこういう作品こそ作りたかったのだと思うのです。
  • daisuke
  • 2011/01/26 3:29 AM
>daisukeさん
ロミオのオ●ニーゲームと言われるとおりですね(^^;
それにしても「To Heartが流行ってたから乗っかりました」のノリで『加奈』が出来てしまうってのも、なんかスゴイ…
やっぱ才能なんでしょうか。

あと、コメ関係ないですけど、久しぶりに自分の過去レビュー読んで、文章の整理のできてなさに悶絶してます。
  • ひつじ
  • 2011/01/28 11:26 PM
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

archives

recent comment

  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひびき
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ユーリー
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    ひつじ
  • 水樹奈々 大いに唄う 四
    呑ま部長@大雪の被災者
  • THE STRONGER'S PARTY @神戸ワールド記念ホール
    呑ま帝王@ボジョ
  • THE STRONGER'S PARTY @神戸ワールド記念ホール
    ひつじ

search this site.

others