電撃コミックス『マブラヴオルタネイティヴ』完結。

 2006年にageより発売されたPCゲーム『マブラヴオルタネイティヴ』のコミカライズ版最終巻が先日発売されました。

 

 

 エロゲのコミック版というのは、2〜3巻で打ち切られて消えていくか、18禁漫画よろしくエロエロ路線をひた走るかの2択になりがちななか、この作品はストイックに原作を踏襲しつつ10年間、17巻にわたる連載を続けてきたことに、まず感動しました。

 

 作者の蒔島梓は、本作がデビュー作ということで、色々と粗が目立つところはありました。

特に、戦闘描写では何が起こっているのかわかりにくいという(結構致命的な)表現力不足が見受けられました。

ただ、それでもおもしろさを必死に伝えようとする熱意は、少なくとも原作プレイヤーには、十分届いたのではないでしょうか。

 

 エロゲは、よっぽどのことがなければ、時間が経ってからやり直すということがないエンタメです。

それだけに、作品の記憶や感想などは時間とともに風化し、薄れていきます。

 このマブラヴオルタネイティヴ漫画版では、この10年間、マブラヴへの記憶をずっと新鮮なものに更新し続けてくれました

ひつじは、そのことに深い感謝と感激を覚えてなりません。

 

 思い返せば10年前、「このゲーム、おもしろいよ」と、前情報なくマブラブを勧められ、無印→アンリミテッドをプレイした時の衝撃、オルタで未来への咆哮を聞いたときの感動、初めてBETAの姿を見たときの嫌悪感、まりもちゃんパックンチョの精神的ダメージ、因果導体によるもとの世界でもまりもちゃんミンチの追い打ち的精神ダメージ、甲21号作戦の興奮、横浜基地防衛線の攻防、桜花作戦の絶望感、、、

そして、エピローグの安心感と、少し残る寂しさ。

 本当に、いろいろと疲れさせてくれたゲームでした(笑)

 

 当時とはすこし老けた年齢、変わった立場になって読む本作は、10年前とはすこし変わった感動を、またひつじにもたらしてくれました。

 

 あぁ〜、面白かった!

 

 この作者、蒔島梓がさらに成長し、またどこかで、良い作品を描かれることを期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに最終巻には、オリジナルハイヴ崩壊後の話がちょろっとだけ収録されています。

 

 

 

成長したカスミンに涙……

 

 

 

あと、吉宗鋼紀のコメントや諫山創(『進撃の巨人』の人)のゲストイラストなども掲載されており、見どころだっぷりなので、ぜひ。(←本屋のポップか;)

 

 


コメント
コメントする








   

profile




selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

archives

recent comment

  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    ひつじ
  • 拝啓いろいろありましたが、ひつじは元気です。
    第三部長
  • 忌み子ヒュレイト
    bose wireless speaker
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    ひつじ
  • ブログ10周年記念本を作りました。
    まれびと
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    ひつじ
  • 魔法少女リリカルなのは Reflection 感想
    第三部長
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    ひつじ
  • JAM Project LIVE TOUR 2016 〜AREA Z〜 @大阪
    第三部長
  • 『恋する乙女と守護の楯〜薔薇の聖母〜』感想(ネタバレ容赦なし)
    ひつじ

search this site.

others